皆さまの暮らしを支える

当公社は、主に皆様の暮らしを支える仕事を展開しています。

“公益目的事業1”として、地域の公衆衛生の向上と保全を目的に公衆トイレ清掃、浄化槽清掃、
浄化槽保守点検、厚木市衛生プラントの維持管理を行っています。

“公益目的事業2”として、ぼうさいの丘公園の維持管理、あつぎつつじの丘公園の維持管理、みどりの講座・講習会を実施し、
みどりの保全と啓発を目的として皆様に安らぎのある空間を提供しています。

“収益事業”として、厚木ガーデンシティービル・イオン厚木店の隣にある中町立体駐車場の管理運営、仮設トイレの賃貸を行っています。

厚木市と「火災時における仮設トイレの貸出し等に関する協定書」締結

協定43
平成29年5月16日、厚木市と厚木市環境みどり公社との間で、火災発生時に被災された市民や消防活動に従事する方が使用するトイレを、公社が無償で提供する内容の協定を締結いたしました。
この内容で協定が結ばれるのは神奈川県内ではで初めてとなります。
20時間にも及ぶことがある消火活動時に、消防隊員や地域の皆さんが利用できるトイレを確保することで、スムーズな消火活動と被災者の安心につなげていきます。
貸し出されるのは、幅1メートル・高さ2.6メートルの広さで、男女兼用の可動式・洋式トイレ1台。
普段は市消防本部が保管し、火災や災害時、訓練の際に持ち出されます。
くみ取りやトイレットペーパーの補充などの維持管理も厚木市環境みどり公社が行います。

この上でダブルクリック - テキストの編集

この上でマウスを長押し - パーツの追加・変更・削除・移動

日産自動車株式会社テクニカルセンターより、電気自動車を1台無償貸与

エコカー貸与43
平成30年5月12日、厚木市環境みどり公社は日産自動車株式会社テクニカルセンターより、電気自動車を1台無償貸与されました。
これは、厚木市と日産自動車株式会社テクニカルセンターが締結している「グリーンモビリティ・プロジェクト協定」の一環です。
平成25年に結ばれた同協定は、日産自動車と厚木市が、環境に優しいまちづくりを推進するために締結され、これまでに、小中学生を対象としたエコスクールや、電気自動車を使った、災害時の非常用電源としてのデモンストレーション、介護施設での実証実験などに取り組んできました。
今回はその一環で、厚木市内の環境保全に努める厚木市環境みどり公社が、窓口として貸与を受けることなりました。
てんとう虫がモチーフとなっているこの電気自動車は現在ぼうさいの丘公園(温水)で巡回車として活用されています。

厚木市と「災害時における雨水等の収集運搬及び仮設トイレの提供に関する協定書」締結

平成19年8月21日、厚木市と厚木市環境みどり公社との間で、大規模災害時、道路等に溢れた雨水等の収集運搬と仮設トイレを提供する内容の協定を締結いたしました。
この協定は、地震災害、風水害、その他の災害時に避難場所等から出されるし尿や道路等に溢れた雨水等の収集運搬、及び公社が所有する仮設トイレの提供について厚木市より協力要請があった場合の手続き等を定めるものです。
公社では普段から行っているバキューム車を利用した、浄化槽清掃、し尿収取運搬のノウハウを生かし、災害時にもスムーズな対応を心がけてまいります。
ページトップへ