公社紹介

公益財団法人 厚木市環境みどり公社

当公社は、主に皆様の暮らしを支える仕事を展開しています。

“公益目的事業1”として、地域の公衆衛生の向上と保全を目的に公衆トイレ清掃、浄化槽清掃、浄化槽保守点検、厚木市衛生プラントの維持管理を行っています。

“公益目的事業2”として、ぼうさいの丘公園の維持管理、あつぎつつじの丘公園の維持管理、みどりの講座・講習会を実施し、みどりの保全と啓発を目的として皆様に安らぎのある空間を提供しています。


“収益事業”として、厚木ガーデンシティービル・イオン厚木店の隣にある中町立体駐車場の管理運営、仮設トイレの賃貸を行っています。


収益事業を行うことにより、公益目的事業の推進や、事業を展開するための基盤となる経営の強化ができています。

沿 革

・昭和50年7月
    厚木市内のし尿収集処理業務を行うことを目的に「財団法人厚木市環境保全公社」を設立。基本財産300万円(厚木市からの出損金)

・昭和61年4月
    基本財産を1,700万円増額し、2,000万円とする。(厚木市からの出損金)

・平成19年4月
    厚木市の公社改革により「財団法人厚木市都市整備公社」と統合し、名称を「財団法人厚木市環境みどり公社」と変更する。
    また、従来の事業に加え、緑の保全及び緑化推進事業並び施設管理事業を行う。基本財産を500万円増額し、2,500万円とする。(厚木市からの出損金)

・平成24年4月
    一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定に関する法律の施行に伴う関係法律の
    整備等に関する法律第44条の規定に基づき、神奈川県知事より認可を受け、名称を「公益財団法人厚木市環境みどり公社」と変更する。

概要

名称
公益財団法人厚木市環境みどり公社
所在地
〒243-0036 神奈川県厚木市長谷626番地1
電話
046-225-2777(代表)
FAX 046-248-9502
設立年月日 昭和50年7月8日
基本財産 2,500万円(全額厚木市からの出損金)
定款 定款(PDF)


目的

この法人は、地域の公衆衛生、環境保全及び緑の保全、啓発に関する事業を行うことにより、
住みよい生活環境の保全と向上に寄与することを目的とする。


事業
  1. 地域の公衆衛生と環境保全に関する事業
  2. 緑の保全と啓発に関する事業
  3. 駐車場の管理運営に関する事業
  4. その他この法人の目的を達成するために必要な事業




役員

理  事  長 相澤正利
常務理事 足立原満
理  事 河合義隆
理  事 華谷俊樹
理  事 梅津昌信
理  事 沼田芳基
監  事 小菅英顕
監  事 石射勝弘




評議員

評議員長 霜島宏美
    員 西ヶ谷孝之
    員 山口 泉
    員 梶山孝泉
    員 高橋修一
    員 佐藤明

組織

財務諸表

2019年度財務諸表 
平成30年度財務諸表 

資格取得一覧

公社では、衛生業務に携わる者に必要な資格を取得させ、『安心』・『確実』に作業が行えるように職員教育を行っております。
また、業務に直接関係するものではありませんが普通救命講習を受講させ、緊急時に対応できるよう教育を行っております。

資 格 名 称
人 数
説 明
浄化槽管理士
11人
浄化槽の保守点検を行うのに必要な国家資格を有する者
浄化槽技術管理者
2人
501人槽以上の浄化槽を管理することができる技術管理者
浄化槽清掃技術者
12人
浄化槽の清掃実務経験が2年以上の者が取得できる資格を有する者
産業洗浄技能士
2人
下水道管洗浄車や超高圧洗浄車を使用する作業を行うのに必要な資格を有する者
し尿・汚泥再生処理施設技術管理者
5人
施設の維持管理に関する知識及び技能を有する技術管理者
特定化学物質等作業主任者
4人
特定化学物質による汚染から作業員を守るための監督等を行うのに必要な国家資格を有する者
酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者
10人
酸素欠乏や硫化水素中毒にかかるおそれのある場所で作業を行うのに必要な国家資格を有する者
防火管理者
15人
防火対象物の防火上の管理・予防・消防活動を行う消防法に定める国家資格を有する者
公園管理運営士
3人
公園の管理運営を円滑かつ効果的に推進するための実務責任者レベルの知識を有する者
廃棄物管理責任者
2人
廃棄物の減量及び適正な処理を図るための十分な知識を有する者
衛生管理者
3人
労働者の健康障害や労働災害を防止するために労働安全衛生法で定められた国家資格を有する者
ページトップへ